愛されマナー術 接客マナー・ビジネスマナー・女性社員研修・新入社員研修|アカデミー・なないろスタイル 樋口智香子(千葉 銀座)

アカデミー・なないろスタイル アカデミー・なないろスタイル

たとえこの命が尽きても、残したいこと

こんにちは。樋口智香子です。

昨夜、趣味の歌舞伎鑑賞に行ってきました。

高麗屋、親子三代の襲名披露公演。

松本幸四郎さん → 二代目 松本白鸚さん
市川染五郎さん → 十代目 松本幸四郎さん
松本金太郎さん → 八代目 市川染五郎さん

こちらの御三方は、父→息子→孫の関係。

どの役者さんの言葉か定かではないのですが「襲名とは襲命」という言葉のとおり、まさに「命を継ぐ」を体現するような公演でした。

わたしにも、自分の命が絶えても、ずっとずっと後世にまで残したいと思うものがあります。

0036_300A2154

それは、これまで学んできた、先人から受け継がれた、教えです。

ビジネスマナー、接客マナー、テーブルマナー、和食の作法、日常のマナー、話し方、ウォーキング、メイク、NLP、カウンセリング、ヒーリング、心理学と脳科学、運命学、ホロスコープ、四柱推命、そして、あらゆるコミュニケーションスキル。

わたしはこれまで、700万円以上を投資して、マナーとコミュニケーション、そして「自分も相手も幸せにする方法」について、学んできました。

いつか、その全てをまとめあげ

・もっと輝きたい
・もっと生きる喜びを感じたい
・もっと人生を豊かにしたい

こう願う全ての人に、お届けしたいと思っていました。

2018年、ようやくそのタイミングが訪れました。

全ての人にお伝えしたいのですが、まずは、愛の体現が得意な「女性」へとお届けします。

・今よりももっと魅力アップしたい
・自分に自信を持ちたい
・女性として輝いて生きていきたい
・男性から愛され、大切にされたい
・お客様や上司から、好感をもたれたい
・日々の暮らしに心底、幸せを感じたい
・自分を満たし、大切な人を心から愛したい
・自慢の恋人、自慢の妻になりたい

そして・・・

仕事、恋愛、結婚生活、どんなシーンも艶やかに輝いて、自分も相手も幸せにする、愛されるレディになりたい!!

そんな女性たちにお送りする、【愛されマナー講座】がスタートします!

愛されマナーで、自分を愛おしみ、相手も幸せにする

これまで、マナーとコミュニケーションの学びに、時間とお金とエネルギーを費やし、そして、セミナー講師としての経験を積み、ようやく「なぜ、これを伝えるのか」が、腑に落ちてきました。

マナーは、単なる礼儀作法ではない。
お堅いルールでもない。
ましてや、小手先のテクニックでもない。

先人たちが、日々の暮らしの行為ひとつひとつに、感謝と愛と思いやりをこめたもの。

・美しい言葉で話す
・所作を整える
・礼を尽くす
・丁寧に食事をいただく
・人を思いやる

こうしたことひとつひとつが「自分を愛し、相手を幸せにするものなんだ!」と、心底、感じ入ったからです。

それはなんと、美しく、尊いものでしょう。

自分が自分を扱うように、人からも扱われます。

だらしのない恰好で、きたない言葉をつかっていれば、「ああ、この人はそういう女性なんだ」と周囲から見なされ、人から大事にされることはないでしょう。

あるいは、せっかく外見を磨いても、いざ、男性がディナーに誘ったら

・話し方に品がない
・食べ方はおぼつかない
・店員さんへのマナーもない

こんな調子では、せっかくのレストランデートも台無し。男性には、がっかりされてしまいます。

お仕事シーンでも同じ。

ビジネスマナーを知らないからと

・名刺交換は自己流
・言葉遣いは、付け焼刃
・振る舞いはがさつ

こんな調子では、上司の評価も、ファンのお客様もつくことはなく、収入アップは望めないでしょう。

これは極端な例ですが、わたしは常々「無意識のうちに、自分の価値を下げている女性が多い」と感じています。

ひとりひとりが気づけば「自分自身を心から満たし、まず自分が輝いて、周りの人も愛の光で満たす」そんな女性が増えると思うのです。

0038_300A2157

 

貴女は、もっともっと、輝いていいのですよ。

知らないから・・・
どうせ、デートに行くこともないし・・・
かしこまった場所にも行かないし・・・
今の仕事では必要ないし・・・

この繰り返しでは、この先もずっと、同じ日常があるだけです。

マナーは、知って、日常にいかすだけ。

ラグジュアリーなレストランも、素敵な日本料理屋さんも、ムーディなバーも、堂々と振る舞えるレディになりませんか。

そんな場所の似合う一流の男性に愛され、大切にされ続ける毎日も、決して夢ではありません。

お仕事シーンでは、颯爽と、かつ、エレガントに振る舞い、誰にでも感じよく接し、てきぱきと仕事をこなし

「憧れの存在です!!」
「貴女に、ぜひお願いしたい!」

と、貴女を慕い、信頼してくださるファンに囲まれ、楽しくお仕事しませんか。

愛されマナーを学ぶことで、恋愛でも、仕事でも、結婚生活でも、自分自身を心から満たし、自分も相手も幸せにする、愛されレディになれるのです。

0180633ad9b91dd93c74291762d35a22bb9f5f6476 (2)

さぁ、いかがでしょうか。

もう、ステージアップするタイミングが、やってきていますよ。

遠慮はいりません。

こうなりたい!と思った姿に、なっていいんですよ。

愛されマナー講座、入門編は3月スタートです。

ぜひ、こちらから一歩を踏み出してくださいね。
↓ ↓
【愛されマナー講座 入門編】

どこまでが正当な主張?カスハラと正当なクレームの違い

こんにちは。今日から仕事始めという方も多いようですね。年始のお仕事、お疲れさまです。

専門家サイトJIJICO様より「カスハラ」に関する取材を受けました。

26543594_1842553575814637_840380978_o

昨今、「カスハラ」=「カスタマーハラスメント」が社会問題になっています。カスハラとは、消費者による自己中心的で理不尽な要求や威圧的な言動による苦情のことをいいます。

カスハラと比較されるのが、クレーム。
クレームとは一般的に、商品・サービスに不満を持った消費者が、苦情として意見や問題点を伝えることです。

スタッフ側の明らかに失礼な対応に苦情を伝えたつもりが、つい感情的になりカスハラ扱いされてしまった高齢の消費者もおり、クレームとカスハラの線引きが難しくなっています。

どこまでが正当なクレームで、どこからがカスハラなのか。
万が一のとき、悪質クレーマー扱いされてしまわないよう、線引きをしておきましょう。
記事はこちらから
↓ ↓ ↓
どこまでが正当な主張?カスハラと正当なクレームの違いとは

・・・

◆公開講座のお知らせ◆

女性限定、ビジネスからプライベートまで、あらゆるシーンで役立つ愛されマナー講座を開講します。
ビジネスマナー、テーブルマナー、和食のマナー、会話のマナー・・・etc。
ここでひと通り学べば、一生モノのマナーと品格が身につき、どこにでても恥ずかしくない女性になります!

*一生もののマナーと品格が身につく、愛されマナー講座(入門講座は1月スタート)

採用のお悩みNO1は、せっかく雇用し育てた新入社員が、すぐに辞めてしまうこと。
これは、若者の気質だけに問題があるのではなく、受け入れ側の姿勢に準備が必要なのです。
早期退職の8割は受入側が原因と言われています。
今どきの若者を的確に分析する、受け入れマネージャー研修も完備。
3つのステップで、辞めない新入社員を育てます。

*辞めない社員を育てる、新入社員研修(3月4月5月 東京大手町付近)

 

年賀状だけのお付き合いという相手への、手書きメッセージ

こんにちは。樋口智香子です。

年の瀬もせまっておりますね。

もう、年賀状の準備はすべて終えていらっしゃるでしょうか。

101153cba7c403e1b6a14c30502e5023_s

年賀状といえば、今や個人がパソコンで自由にデザインできる時代になりました。個性豊かにデザインされた年賀状を見ながら、いただいた方への思いをはせるひとときは、なんとも言えず心あたたまりますね。

さて、年賀状でのひと仕事といえば、手書きのひとことメッセージ。手書きのメッセージがあるのとないのとでは、印象は大きく変わります。やはり、プリントアウトされた画一的なメッセージだけではなく、送る相手を思いながらのひとことを添えたいですね。

とはいえ、中には「どんな言葉を添えよう?」と迷う相手もいます。例えば、年賀状だけのお付き合いの相手や遠い親戚には、いかがでしょうか。毎年、同じような定型句を書いて済ませてはいないでしょうか。

年賀状のひとことメッセージについて、「教えて!gooウォッチ」様から取材を受けました。「exciteニュース」「Yahoo!ネタりか」にも掲載していただきました。

以下の3つの事例について、意識するポイントと例文をご紹介しています。ぜひ、ご一読ください。

■年賀状を送る相手が職場の人である場合
■年賀状を送る相手が年賀状のやり取りのみの知人の場合
■年賀状を送る相手が遠い親戚の場合

↓ ↓ ↓

年賀状にひとこと書くならこれ!

・・・
*お客様があなたのファンになる愛され接客術 5日間のメール講座

愛されマナー講座 in 大人の色気スクール

世界でいちばん色っぽい女性たちに、愛されマナー講座を開講しました!

なぜ「世界でいちばん色っぽい」と、言いきれるのか。

それは「色気」について学べる、世界でたったひとつのスクールの受講生さんだからなのです。

019955f547900c9b905f6680ab15482b830b8decbb

 

その名も「大人の色気スクール」

主催しているのは、おかざきななさんといって、名だたる女優さん・俳優さんを何人もプロデュースしてきた芸能プロダクション経営者でもある、とっても素敵な先生です。

19959052_1440084032737158_3537026178781107965_n

ちょうど1年半ほど前でしょうか。

「色気」を学べるってどういうことだろう?

こんな思いで、スクールの扉をたたき、そこで、「色気」の正体を知りました。

芸能界の女優さんたちが身につけているオーラの秘密や、色気を身につけること=女性の成功法則だという衝撃の内容を知り、思わずそのまま入学。生徒になりました。

大人の色気スクール内で一受講生として学ぶ傍ら、現在はスクール内で、時にサポーターとしてお手伝いをしたり、時に愛されマナー講師として講座を担当しています。

今回、受講生の皆さんにお伝えしたのは、恋愛にも仕事にも生かせるマナーの数々。

男性とのデートはもちろんのこと、職場での振る舞い、洋食・和食のマナーなど、上司や彼ママ、誰の前に出ても恥ずかしくないレディの振る舞いをお伝えしました。

01086af39f6e5af1530acdd3b43d9a821c8b4cc198

男性が本命女性として愛するのは、ただ色っぽいだけの女性ではありません。

なんといっても「品」があることが大事。

社会人として、大人のレディとして、どこに出てもきちんと振る舞えるマナーと品が求められます。

ビジネスマナー、フレンチのテーブルマナー、和食のマナーなど、知っているようで実は知らないマナーの数々、実際に動いて、実践しながら楽しく学んでいただきました。

01b8e5f8e88eb06e81f5e447b24f92ac16bdaa08df

うれしいご感想をたくさんいただきましたので、ご紹介させてください。

*知っているようで知らないマナーを教えていただき、とってもよかったです!明日、フランス料理を食べに行くので事前学習できてよかったです。

*高級なお店に行ったことがなかったので、初めて知るマナーが多かったです。今後、こういったお店に連れていってくれるようなハイクラスな男性に出逢いたいなぁと思いました!

*とても良かったです!知っていることは確認できて自信になったし、知らないこともあり、すぐに役立てそうです。ワインの話がびっくり、納得しました。またお話聞かせてください。

*とっても聴きやすく、話がスーッと入りました。一般的なことを、しっかりとご自身の経験値をふまえわかりやすく解説してくださり、ありがとうございます。また次回、よろしくお願いいたします。

*食事マナーの、今日はやらなかったことをもっと聞きたい!普段は、自由奔放なので、いろいろ勉強になりました。

マナー術を身につけて、もっと素敵な女性になります!

*普段、名刺交換等しないのですが、自分の子供にも教えられる、と思いました。マナーは男女共通のことが多いけれど、自然とできる位、身につけられたら素敵だろうなぁと思いました。

*品のあるしぐさ振る舞いを大人の色気スクールで習得しても、男性とご飯に行った際にマナーができていないとがっかりされたり、品の良さが見せかけに見えてしまい、ただの軽いやつと思われてしまうので、マナー講座を受講できてよかったです。

日頃「どうしたらいいのか?」と小さく気になっていたことを解消するよいきっかけでした!!意外にわからないことが多いので、知れてうれしかったです!

*マナーはとっても興味があったので勉強になりました。テーブルマナーはとくに苦手だったので、とても勉強になりました!ありがとうございました。

他、たくさんのうれしいご感想をありがとうございました!

愛されマナーをしっかり身につけておけば、男性からのお誘いが、フレンチレストランや、高級割烹や、ワインバーなど、ワンランク上のデートになるかもしれませんね。

これからも、一緒に学んでゆきましょう!

・・・

大人の色気スクールのメソッドを2時間で学べる、ベーシックセミナーを随時開講しています。

わたしが色気の極意を学んだのも、まずはここからでした。

男性から愛され、人生を好転させている女性が続出!

あなたもぜひ、勇気をだして、その扉を開いてみませんか。

*大人の色気ベーシックセミナー

※備考欄に「樋口智香子の紹介」とご記入いただくと優待があります。

小学館より、ビジネスマナーの専門家として取材を受けました!

”インタビュー”に答えるのって、ワクワクします。

わたし実は、自分のことをべらべら話すほうじゃないのです。

人ってもともと「自分のことを知ってもらいたい」という欲求があるのだと思うのですが、わたしの場合、雑談のなかで自分の話がメインになると、何故だかなんとなく不安になって「〇〇さんは、どうですか?」って、他の人にふってしまう。

もしかしたら、「自分の話を長々と聞かせてはいけない」という何らかのブロックがあるのかもしれません。

人前で話すのが仕事なのに、おかしなものですね。・・・そう、場を与えられば、大丈夫なんです。「今は、思う存分、自分の話をしていい」という安心・安全な場があれば、話せるんです。いえ、むしろ、話したい。

だから「インタビュー」や「取材」のようなご依頼があると、うれしくて、るんるんしてしまうのです。

0112_300A2345
今回、ご依頼をいただいたのは、小学館。

ビジネスマナーの専門家として、「周りの人から信頼を得るためにしている習慣」と「仕事の効率を上げるためにしている習慣」の二本立てで、取材していただきました。

・初対面の人と接する際にしている習慣は?
・仕事で信頼を得るために、もっとも心がけたいことは?
・効率よく仕事をするためにやっておくとよい習慣は?

改めて質問をいただくと「そういえば何をしているんだろう?」と考える、自分の振り返りになりました。

自由に、そして気持ちよく(笑)、お話した内容を、素敵な記事にしていただきました。

ぜひ、ひとつづつ、ご一読ください。

*ビジネスマナーの専門家3人が伝授!周囲から信頼を得るために取り入れたい10の良習慣

*仕事の速度が変わる!ビジネスマナーの専門家3人が明かす「10の作業効率アップ習慣」

・・・

*取材、執筆、研修、講演のご依頼はこちら

 

ページTOPへ