愛されマナー術 接客マナー・ビジネスマナー・女性社員研修・新入社員研修|アカデミー・なないろスタイル 樋口智香子(千葉 銀座)

アカデミー・なないろスタイル アカデミー・なないろスタイル

【監修】小学館@DIME「クレーム対応でやってはいけない7つのこと」

小学館様が発行するトレンドマガジン「DIME」

こちらが運営する「@DIME」にて、コラム記事の監修させていただきました。

0067_300A2230

テーマは、クレーム対応。

クレーム対応は、相手の心情に添って必要なステップを踏めば、スムーズな解決へと導くことができます。

誠意を持った対応をすれば、解決後、ファンになっていただけることもあります。

その反面「これをするとこじれる!」というNG対応もあります。

今回は「クレーム対応でやってはいけない7つのこと」というテーマで、監修のお手伝いさせていただきました。

2018-01-16

誰しもクレームを受けると気が動転するものです。

動揺し、さらにお客様に不快な思いをさせないよう、ぜひ、こちらからご一読ください。

小学館@DIME 「クレーム対応でやってはいけない7つのこと」

・・・

*取材・執筆・講演・研修のご相談を、随時承っております。→お問い合わせ

*クレーム対応研修
*接遇マナー研修

どこまでが正当な主張?カスハラと正当なクレームの違い

こんにちは。今日から仕事始めという方も多いようですね。年始のお仕事、お疲れさまです。

専門家サイトJIJICO様より「カスハラ」に関する取材を受けました。

26543594_1842553575814637_840380978_o

昨今、「カスハラ」=「カスタマーハラスメント」が社会問題になっています。カスハラとは、消費者による自己中心的で理不尽な要求や威圧的な言動による苦情のことをいいます。

カスハラと比較されるのが、クレーム。
クレームとは一般的に、商品・サービスに不満を持った消費者が、苦情として意見や問題点を伝えることです。

スタッフ側の明らかに失礼な対応に苦情を伝えたつもりが、つい感情的になりカスハラ扱いされてしまった高齢の消費者もおり、クレームとカスハラの線引きが難しくなっています。

どこまでが正当なクレームで、どこからがカスハラなのか。
万が一のとき、悪質クレーマー扱いされてしまわないよう、線引きをしておきましょう。
記事はこちらから
↓ ↓ ↓
どこまでが正当な主張?カスハラと正当なクレームの違いとは

・・・

◆公開講座のお知らせ◆

女性限定、ビジネスからプライベートまで、あらゆるシーンで役立つ愛されマナー講座を開講します。
ビジネスマナー、テーブルマナー、和食のマナー、会話のマナー・・・etc。
ここでひと通り学べば、一生モノのマナーと品格が身につき、どこにでても恥ずかしくない女性になります!

*一生もののマナーと品格が身につく、愛されマナー講座(入門講座は1月スタート)

採用のお悩みNO1は、せっかく雇用し育てた新入社員が、すぐに辞めてしまうこと。
これは、若者の気質だけに問題があるのではなく、受け入れ側の姿勢に準備が必要なのです。
早期退職の8割は受入側が原因と言われています。
今どきの若者を的確に分析する、受け入れマネージャー研修も完備。
3つのステップで、辞めない新入社員を育てます。

*辞めない社員を育てる、新入社員研修(3月4月5月 東京大手町付近)

 

年賀状だけのお付き合いという相手への、手書きメッセージ

こんにちは。樋口智香子です。

年の瀬もせまっておりますね。

もう、年賀状の準備はすべて終えていらっしゃるでしょうか。

101153cba7c403e1b6a14c30502e5023_s

年賀状といえば、今や個人がパソコンで自由にデザインできる時代になりました。個性豊かにデザインされた年賀状を見ながら、いただいた方への思いをはせるひとときは、なんとも言えず心あたたまりますね。

さて、年賀状でのひと仕事といえば、手書きのひとことメッセージ。手書きのメッセージがあるのとないのとでは、印象は大きく変わります。やはり、プリントアウトされた画一的なメッセージだけではなく、送る相手を思いながらのひとことを添えたいですね。

とはいえ、中には「どんな言葉を添えよう?」と迷う相手もいます。例えば、年賀状だけのお付き合いの相手や遠い親戚には、いかがでしょうか。毎年、同じような定型句を書いて済ませてはいないでしょうか。

年賀状のひとことメッセージについて、「教えて!gooウォッチ」様から取材を受けました。「exciteニュース」「Yahoo!ネタりか」にも掲載していただきました。

以下の3つの事例について、意識するポイントと例文をご紹介しています。ぜひ、ご一読ください。

■年賀状を送る相手が職場の人である場合
■年賀状を送る相手が年賀状のやり取りのみの知人の場合
■年賀状を送る相手が遠い親戚の場合

↓ ↓ ↓

年賀状にひとこと書くならこれ!

・・・
*お客様があなたのファンになる愛され接客術 5日間のメール講座

小学館より、ビジネスマナーの専門家として取材を受けました!

”インタビュー”に答えるのって、ワクワクします。

わたし実は、自分のことをべらべら話すほうじゃないのです。

人ってもともと「自分のことを知ってもらいたい」という欲求があるのだと思うのですが、わたしの場合、雑談のなかで自分の話がメインになると、何故だかなんとなく不安になって「〇〇さんは、どうですか?」って、他の人にふってしまう。

もしかしたら、「自分の話を長々と聞かせてはいけない」という何らかのブロックがあるのかもしれません。

人前で話すのが仕事なのに、おかしなものですね。・・・そう、場を与えられば、大丈夫なんです。「今は、思う存分、自分の話をしていい」という安心・安全な場があれば、話せるんです。いえ、むしろ、話したい。

だから「インタビュー」や「取材」のようなご依頼があると、うれしくて、るんるんしてしまうのです。

0112_300A2345
今回、ご依頼をいただいたのは、小学館。

ビジネスマナーの専門家として、「周りの人から信頼を得るためにしている習慣」と「仕事の効率を上げるためにしている習慣」の二本立てで、取材していただきました。

・初対面の人と接する際にしている習慣は?
・仕事で信頼を得るために、もっとも心がけたいことは?
・効率よく仕事をするためにやっておくとよい習慣は?

改めて質問をいただくと「そういえば何をしているんだろう?」と考える、自分の振り返りになりました。

自由に、そして気持ちよく(笑)、お話した内容を、素敵な記事にしていただきました。

ぜひ、ひとつづつ、ご一読ください。

*ビジネスマナーの専門家3人が伝授!周囲から信頼を得るために取り入れたい10の良習慣

*仕事の速度が変わる!ビジネスマナーの専門家3人が明かす「10の作業効率アップ習慣」

・・・

*取材、執筆、研修、講演のご依頼はこちら

 

登録した覚えのないメールマガジンへの対処法

こんにちは。樋口智香子です。

今日はWEBマナーのお話です。

異業種交流会などで名刺交換をしたあと、登録した覚えのないメールマガジンが次々に送られ、困惑した経験はないでしょうか。

相手の同意がないのにメ ルマガを送るという行為は、厳密に言えば特定電子メール法違反にふれる可能性があり、してはいけない行為です。

煩わしいメルマガへの対処法をお伝えします。

o0400030013142732966

まずは解除、ただし業者からのメルマガは迷惑メールフォルダーへ

解除のURLが記載されていれば、不要なものは解除してしまいましょう。

知り合いからのメルマガの場合「相手を不快にさせるのでは?」と心配になりがちですが、名刺交換後すぐにメルマガが送られてくるということは、相手は不特定多数に配信しています。解除があったからといって、いちいち気にとめてはいないでしょう。

ただし、個人ではなく知らない業者からのメルマガ解除はご注意を。解除手続きをすると「このメールアドレスは有効である」と相手に知らせることにもなります。悪徳業者に利用される場合もあるので、解除はせずに迷惑メールフォルダーに入れるほか、受信拒否リストなどに入れてしまいましょう。

解除URLが無い場合、角のたたない伝え方で解除願いを

問題なのは、解除URLの記載が無く「メールマガジンが不要な方はご連絡ください」などと、文章で書いてあるケース。

名刺交換をした知り合いの場合、わざわざ解除願いの連絡するのも気がひけるし、面倒だし、このままでいいかと泣き寝入りをしてしまっている方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、このようなケースでも、思いきって相手に連絡して、解除をしてもらいましょう。

自分は、いらないメルマガが来て、不快。相手は、せっかく書いたメールの文章を読んでもらえないどころか、相手を不快にさせている。

これではどちらも、まったくハッピーではないですものね。

お互いが心地よい状態でいられるよう、解除のお願いをしましょう。

例えば、このような文面ではいかがでしょうか。

○○様

お世話になっております。
アカデミー・なないろスタイル、樋口智香子です。

お送りいただいているメールマガジンにつきまして、ご連絡いたしました。

誠に申し上げにくいのですが、こちらの配信をお止めいただくことは可能でしょうか。

お送りいただいているメールアドレスは、業務上使用しているものであり、業務に関わる通知を優先的に受けとっております。

ご理解いただければ幸いです。

また、何かの機会にお目にかかりますのを楽しみにしております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

または、別アドレスに送ってもらうよう、お願いする方法もあります。こちらのほうが、より、角のたたない伝え方です。

お送りいただいているアドレスは、業務上使用しているものですので、メール マガジンは下記アドレスへお送りいただけますでしょうか。

いずれにせよ、メルマ ガは不要だけど、関係性は良好にしてゆきたい、という思いが伝わるようにしましょう。

WEBマナーで、お互いが心地よく過ごせますように。

*研修のご案内*

* 新入社員研修

* ビジネスマナー研修

* ビジネスマナーDVD講座

ページTOPへ