愛されマナー術 接客マナー・ビジネスマナー・女性社員研修・新入社員研修|アカデミー・なないろスタイル 樋口智香子(千葉 銀座)

アカデミー・なないろスタイル アカデミー・なないろスタイル

【接客】キッザニアに学ぶ、お子様連れのお客様への対応

こんにちは。樋口智香子です。

先日、ある施設にてお子様連れのお客様への対応セミナーを開催しました。

その内容を、一部シェアします。

子供を、子ども扱いしない

私はかつて、キッザニア東京のスーパーバイザーとして勤務していました。

入社時から、スーパーバイザーたちには、子供と接するうえで徹底して教育された理念があります。

それは「子供を子ども扱いしない。一人前の人として接する。」というものでした。

キッザニアのCEO住谷栄之資氏は、常々こうおっしゃっていました。

「子供だましは、子供に通用しない」

大人が「相手は子供だから」と子供扱いしていることを、子供は、瞬時に見抜きます。

対等に接してもらっていないと感じれば、子供だって、本気ではなくなるのです。

社会の縮図である「職業」や「経済」を、体験を通して学べるのがキッザニア。

子供から本気度を奪ってしまうことは、絶対にあってはならないことでした。

全てのスーパーバイザーは、仕事をする上での”ちょっと先輩”という立場。

子供の名前は「〇〇くん」「〇〇ちゃん」ではなく「〇〇さん」と呼びます。

幼稚な言葉は使わず、全ての子供に敬語で話していました。

お子様にも、接客マナーを徹底する

これを、商業施設に置き換えるとどうなるか。

全ての接客スタッフに、お子様にも接客マナーを徹底することを推奨します。

b8d1086618a0dd80a768bceffdc32ccb_m

接客スタッフは、近所のお兄さん・お姉さんではありません。

子供であっても”お客様”なのです。

・来店したら、きちんと挨拶する

・敬語で話す

・丁寧にお辞儀をする

こうした接客マナーを、お子様にも同じようにするのです。

例えば、お子様に声かけをするとき。

小さな女の子が、プリキュアのバッグを下げていたとしましょう。

×「こんにちは~。あ、プリキュアのバッグ~!かわいいね~、似合うね~。」

〇「いらっしゃいませ、こんにちは。プリキュアのバッグ、かわいいですね。よく、お似合いですね。」

このように、きちんと挨拶し、丁寧な言葉で話しかけるのです。

親御さんにとって、子供はかけがえのない大切な存在。

大切な子供にも、丁寧におもてなしされれば、とても嬉しいのです。

お子様にも、接客マナーを徹底する。

ぜひ、取り入れてみてくださいね。

本日も、お読みいただきありがとうございました。

485

*おもてなし接遇マナー研修

接客スキルを上げたい全ての方へ。「明日からすぐ実践できる」と高い評価をいただいています。
お客様の期待を超えるおなしから、一流の接客マナー、販売会話術、お客様タイプ別対応方法など、接客の極意をお伝えします。

*ビジネスマナーDVD講座

DVD_on

◆無料メール講座◆ 1581名が登録中!

無料プレゼントPDF
「接客のお悩み解決!接客なんでもQ&A」付
お受け取りはこちら↓

【お客様があなたのファンになる、愛され接客術】

◆研修・セミナー・講演・執筆のご依頼◆

お問い合わせフォームよりご連絡ください

 

【接客】お客様の呼び方を変え、感動をもたらすティーサロンの話

「ここの接客はいいなぁ!」と思う、お気に入りのティーサロンがあります。

言わずと知れた老舗の紅茶店、マリアージュフレールです。

マリアージュ・フレールの本店はパリ。

世界35カ国500種類以上の紅茶を扱うお店です。

銀座松屋通り店が、特に好きです。

街並の風景が見える店内はとても居心地がよくて、時間を作ってでも脚を運びたくなるのです。

015458dba24d88ccd3ede3ca5c146f9541ce19ba44

ここの接客の何がすばらしいか。

それは、パリ本店さながらの「フランス感」を創ることに徹底している点です。

aeff76ca0ac7bd45371158f669205829_s

礼儀正しさや気遣いといった、基本的な接客マナーは高い水準をクリアしています。

素敵!と感動してしまったのは、接客をしてくださるギャルソンたちが、女性のお客様のことを「マドモアゼル」って呼んでいること。

ケーキを選ぶとき「マドモアゼルは、何になさいますか?」と声をかけられ、ドキドキしてしまいました。

64288325_2319168804966595_849950104910561280_n

男性のお客様のことは「ムッシュウ」と呼ぶのかもしれません。

このような独自の世界観を構築する接客サービスは、ディズニーリゾートにも通じます。

東京ディズニーシーには「ヴェネチアン・ゴンドラ」というゴンドラに乗るアトラクションがあります。

そこのキャストたちは皆「チャオ~!」と挨拶し、ゴンドラを漕ぐゴンドリエは、ナポリの民謡を高らかに歌い上げてくれます。

「イタリア感」を徹底して演出することで、ゲストに楽しんでもらおうとしているのですね。

世の中の接客も、各店、徹底したブランディングをすることで、お客様に新たな感動をもたらすことができそうですね。

本日も、お読みいただきありがとうございました。

485

*おもてなし接遇マナー研修

接客スキルを上げたい全ての方へ。「明日からすぐ実践できる」と高い評価をいただいています。
お客様の期待を超えるおなしから、一流の接客マナー、販売会話術、お客様タイプ別対応方法など、接客の極意をお伝えします。

*ビジネスマナーDVD講座

DVD_on

◆無料メール講座◆ 1581名が登録中!

無料プレゼントPDF
「接客のお悩み解決!接客なんでもQ&A」付
お受け取りはこちら↓

【お客様があなたのファンになる、愛され接客術】

◆研修・セミナー・講演・執筆のご依頼◆

お問い合わせフォームよりご連絡ください

人によって態度を変える受付嬢の話【ビジネスマナー】

数年前の話です。

ある企業に訪問し、その会社の中でイベントの仕事をさせていただきました。

会社の入り口には、女性の受付スタッフが常に常駐しており、訪問時には笑顔で感じよく応対してくださいました。

その後しばらく、大勢でイベント準備をしていましたが、備品のことでわからないことがあり、内部の社員さんに尋ねようとしたのですが、皆、忙しくしていて声をかけられる雰囲気ではありませんでした。

そこで、先ほどの受付の女性に「〇〇はどこにありますか」と尋ねると、思いもよらない驚きの対応をされました。

とても不愛想な顔で「部長の部屋にあるみたいですよ」と投げやりに答えたのです。

b5df9c9c213fb5b1f37af9254748839f_s

受付時とはあまりにも違うぞんざいな態度にびっくりしてしまいました。

なぜ、こんなに態度を変えるのか。

実は、私の服装に理由がありました。

その会社は制服のある会社で、当日、私が着ていたジャケットが、その会社の制服とよく似たものだったのです。

つまり、受付の女性は、私を同じ会社の社員だと間違えてしまったのですね。

外部のお客様と内部の社員でここまで態度を変えるのね、と驚きつつも、思わず苦笑してしまいました。

天知る、地知る、我知る。

日頃の態度や仕事ぶりは、どこで誰が見ているかわかりません。

よそ行きのビジネスマナーで取り繕っても、人によって態度を変えるようでは、どこかでボロが出ます。

誰に対しても、感じよく接したいものですね。

本日もお読みいただきありがとうございました。

485

*ビジネスマナー研修

企業イメージの底上げをしたい方へ。一流企業で好評価を得た、上質なビジネスマナーと接客術をお伝えします。

*おもてなし接遇マナー研修

お客様の期待を超えるおなしから、一流の接客マナー、販売会話術、お客様タイプ別対応方法など、接客の極意をお伝えします。

*ビジネスマナーDVD講座

DVD_on

◆無料メール講座◆ 1581名が登録中!

無料プレゼントPDF
「接客のお悩み解決!接客なんでもQ&A」付
お受け取りはこちら↓

【お客様があなたのファンになる、愛され接客術】

◆研修・セミナー・講演・執筆のご依頼◆

お問い合わせフォームよりご連絡ください

【接客】雨の日にできる、心あたたまるおもてなし

こんにちは。樋口智香子です。

梅雨入りのニュースが気になる季節となりました。

雨の日といえば外出を控えがちになりますが、お足元の悪いなか、わざわざご来店いただくお客様もいます。

そうしたお客様に「雨だけど、来てよかった」と思っていただけるようにしたいですね。

私が実際に経験し、とても嬉しく感じた雨の日のおもてなしエピソードをご紹介します。

とある休日、友人に誘われたレストランに出かけました。

曇り空でしたが、さほど雨が降っていなかったので、折りたたみ傘を持って出かけました。

しかし、お店の最寄り駅に到着すると結構な本降りになり、折りたたみ傘はびしょびしょに。

濡れながらも、ようやくレストランにたどり着きました。

こじんまりとした上品なレストランで、スタッフの方は皆「オーディションでもしたの?」と思うくらいのイケメン揃い(笑)。

入口で、上着と濡れた折りたたみ傘を預けて席につきました。

さりげないサービス、美しく盛りつけられたおいしいお料理、どれも心地よく、友人たちととてもいい時間を過ごしました。

先ほどの本降りは通り雨だったのか、お食事が終わる頃には、すっかりやんでいました。

預けた折りたたみ傘を受けとり、そのまま持ち帰ったのですが、帰宅後この傘を乾かそうと傘カバーから出して、びっくり。

あれだけびしょびしょだった傘が、ひとしずくも残らずきれいに拭きとられていて、折り目正しくきれいに畳まれていたのです!

01d232c275739a2180e754d8a1fa98f9640e94807f

家に帰ってからも、丁寧な接客の余韻を残すなんて、なんて素晴らしい~!と感動しました。

見えないところまでの配慮、見習いたいものです。

シェフのお料理も繊細なものばかりでしたので、ホールスタッフのサービスにもその繊細さが伝授されているのでしょうね。

とてもすばらしいお店でした。

014dee03b5c9da95594512644b4ed8ea5322ac92dd

パンに塗るバターは、こんな可愛らしい盛り付けでサーブされます。
こんなふうに目で味わう楽しさも、おもてなしのひとつですね。

01946ae099d298f4ce8bc0ecfacd2a472a12d51339

今回、ご紹介したお店はこちらです。お料理はもちろんのこと、優れた接客サービスを体験するのにも、ぜひお勧めしたいレストランです。
↓ ↓ ↓
Restaurant Charme(レストラン シャルム) JR代々木駅 徒歩5分

本日も、お読みいただきありがとうございました。
485

*おもてなし接遇マナー研修

接客スキルを上げたい全ての方へ。「明日からすぐ実践できる」と高い評価をいただいています。
お客様の期待を超えるおなしから、一流の接客マナー、販売会話術、お客様タイプ別対応方法など、接客の極意をお伝えします。

*ビジネスマナーDVD講座

DVD_on

◆無料メール講座◆ 1580名が登録中!

無料プレゼントPDF
「接客のお悩み解決!接客なんでもQ&A」付
お受け取りはこちら↓

【お客様があなたのファンになる、愛され接客術】

◆研修・セミナー・講演・執筆のご依頼◆

お問い合わせフォームよりご連絡ください

令和元年 新時代もどうぞよろしくお願い申し上げます

令和元年 5月1日。

新たな時代の幕開けとなりました。

新時代も何卒よろしくお願い申し上げます。

平成最後の日は、明治神宮にお参りに行きました。

01925c61b3ce0f3de49ad5c8025fe8bd25534f20cf

平成最後の御朱印を目当てにした参拝客が長蛇の列をなしていて、歴史の遷り変わりを感じる光景でした。

雨上がりの新緑は、神々しいほど鮮やかなグリーンの光を放ち、見事でした。

01cef313dc7a51c0824c022e22d855d492947d56ad

平成を無事に終えることの感謝を述べ、すがすがしい気持ちで参拝を終えた後、おみくじを引きました。

おみくじは、神様からのメッセージ。

「新時代を迎えるにあたり、必要なお言葉をください。」

こうしてひいたおみくじには、以下のメッセージが。

010386e0835a616228140b0d0dd777a291e6d3d13a

 智

おこたりて磨かざりせば光ある
玉も瓦にひとしからまし

なまけて磨くことを怠ったならば、立派な光を持つ宝石も、瓦や石ころと同じで、何の役にも立たなくなります。

学徳の錬磨に励みましょう。

新時代、より良く生きるためのテーマは「智」

宝石を磨くようにして学びに研鑚していくことを、神様からのお言葉として授かりました。

しっかりと心にとめ、令和を歩んでゆきます。

令和時代が、貴方様にとって、光にあふれた時代になりますよう、心からお祈りしております。

令和元年 5月1日 樋口智香子

639

ページTOPへ