愛されマナー術 接客マナー・ビジネスマナー・女性社員研修・新入社員研修|アカデミー・なないろスタイル 樋口智香子(千葉 銀座)

アカデミー・なないろスタイル アカデミー・なないろスタイル

御中元の渡し方

お世話になっている人や会社に、日頃の感謝の気持ちをこめて贈り物をするのが、御中元。

この御中元について、メール講座をご受講いただいた読者様から、ご質問をいただきました。

会社の御中元をお渡しするときに、どのような言葉で、どのようなしぐさでするのが良いのか、照れくささもあり上手に出来ません。御中元の渡し方について、教えていただけますでしょうか。

ご質問、ありがとうございます^^

宅配で送ることがほとんどではありますが、やはり直接お会いして、手渡しするのがいちばんです。

御中元の渡し方について、お伝えいたしますね。

09d9ac749d698b9272b42a9384469279_s

御中元を贈る時期と、渡し方

御中元は、渡す時期が決まっており、全国的には7月の初旬~7月15日までです。(旧盆の習慣のある関西地区では、7月上旬~8月15日とする場所もあります。関西の人が他の地域に送る場合は、ここを留意してください。)

品物に熨斗(のし)をつけ、上書きは「御中元」または「お中元」と書き、下には自分の名前(会社名)を書きます。

風呂敷で包んで持っていくのが古くからの慣習ですが、手さげの紙袋でも問題ありません。ただし、お渡しするときは、紙袋のまま渡さないように。きちんと品物を出して渡します。

渡すときのポイントは、以下のとおりです。

・両手で渡す

・立ち姿勢で渡す場合は、胸の高さで渡す

・着席したまま渡す場合は、一度品物を机(テーブルなど)の上に置き、両手を添えて、相手側に軽く押すようにして渡す

・笑顔とアイコンタクトを忘れずに

御中元を渡すときのひとこと

以下、御中元をお渡しするときの、お勧めの言葉です。

・「夏のご挨拶に参りました」

・「いつもお世話になっております。こちらは日頃の感謝の気持ちです。どうぞ、皆様で召し上がってください。」

・「美味しいと評判でしたので」

・「お口に合うとよろしいのですが」

尚、時折、耳にする「つまらないものですが」というフレーズ。これは、持参した手土産がつまらないものである、ということではなく、「貴方のような素晴らしい方が召し上がっているものに比べれば、つまらないものですが」という解釈であるというのが一説です。

とはいえ、謙遜しすぎであまり良い印象ではありませんので、他の言葉を選びましょうね。

ビジネスマナー「敬語」「手土産の渡し方」をDVDでも学べます

これまでの講演や企業研修の内容を、DVDにまとめました。ご自身のスキルアップにはもちろん、新入社員・中途採用社員・アルバイトスタッフのビジネスマナー研修として活用くださいませ。

● 社員の接客力を高める!ビジネスマナーDVD講座

樋口 智香子

樋口 智香子

元、資生堂ビューティコンサルタント。
一人ひとりを輝かせる接客マナーの専門家。これまでの経験から、自分の魅力に気づき発揮することで愛される接客ができる人になる、と独自のメソッド「愛されマナー術」を確立。マナーを通じて、人を思いやれる・愛される人を育てるべく、全国にそのメソッドを伝えている。

メール講座「お客様があなたのファンになる・愛され接客術」
ページTOPへ