愛されマナー術 接客マナー・ビジネスマナー・女性社員研修・新入社員研修|アカデミー・なないろスタイル 樋口智香子(千葉 銀座)

アカデミー・なないろスタイル アカデミー・なないろスタイル

接客はとても良いのに、お客様が寄りつかない販売員に教えたいこと

「惜しい!」

つい、心の中でつぶやいてしまうのは、デパートやショッピングモールを散策時。ついつい、接客スタッフの様子を観察してしまうのです。

きちんとした身だしなみ、丁寧な言葉遣い。

一見、問題がないように見えるのに、どこか”陰気さ”を感じてしまう接客スタッフがいます。

若いのに、疲れて見える。笑顔なのに、さみしそうに見える。

こうした接客スタッフに、共通する特徴があります。

それは・・・

 

姿勢が悪いこと。

猫背で肩が内側に入り、まるでがっかりする出来事があったかのように、首が落ちている。

そうしたスタッフは、お客様への声かけも覇気がありません。

「いらっしゃいませ~」と、惰性で声かけをしています。

自分の姿を客観的に見る機会を作る

人は、周りから自分の姿がどのように見えているかがわかりません。

お客様の前に立つ接客スタッフは、一度自分の姿がどのように見えているか、客観的に知る必要があるのです。

かくいう私も、自分の姿をチェックする機会が減っています。撮影してもらった研修の写真を見て、自分の姿勢に愕然とすることもあります。

そこで・・・久々に、ウォーキングのレッスンに参加してきました。

どこからが脚?の答えは・・・

参加したのは、一般社団法人 日本女性姿勢協会のビシセリアレッスン。

美姿勢スタイリストの長谷川晴子さんのレッスンを受けました。

写真中央、長身の美しい女性が晴子さんです。

 

13510559_1172661159470552_1531587545_n

 

自分の姿をスマホで撮影、自らチェックすることからはじまり、基本のからだの使い方を学びます。

インパクトがあったのは、ウォーキングレッスンでのひと言。

全身を指して「どこからが脚ですか?」との問われたのですが・・・もし、あなただったら、何と答えますか?

脚の付け根?

腰?

いえいえ。

「ここからです。」と、晴子さんが示したのは、なんと、背中のアンダーバストの位置。

背中まで意識して歩くと、キレイに歩けるのです。

歩くことって、全身運動なのですね。

バッグを持ったまま歩く方法など、日常生活にすぐ生かせる内容ばかりでした。

13499635_1172661146137220_1002299578_o

 

姿勢、歩き方から、写真の撮られ方、バッグの持ち方まで盛りだくさんのこちらのレッスン、店頭の販売員のみならず、「好印象を持たれたい」「立ち振る舞いを磨きたい」という人は、一度参加するといいですよ。

・・・

美姿勢スタイリスト長谷川晴子さんのページ

一般社団法人 日本女性姿勢協会

樋口 智香子

樋口 智香子

元、資生堂ビューティコンサルタント。
一人ひとりを輝かせる接客マナーの専門家。これまでの経験から、自分の魅力に気づき発揮することで愛される接客ができる人になる、と独自のメソッド「愛されマナー術」を確立。マナーを通じて、人を思いやれる・愛される人を育てるべく、全国にそのメソッドを伝えている。

メール講座「お客様があなたのファンになる・愛され接客術」
ページTOPへ