愛されマナー術 接客マナー・ビジネスマナー・女性社員研修・新入社員研修|アカデミー・なないろスタイル 樋口智香子(千葉 銀座)

アカデミー・なないろスタイル アカデミー・なないろスタイル

受講生が発言しやすい研修にする方法

武蔵府中法人会主催による、新入社員研修をお預かりいたしました。
IT企業、建設会社、フィットネスクラブから宗教法人まで、様々な職種の新入社員の方、また、中堅社員の方まで、幅広くご受講いただきました。

研修後のアンケートの中、ある受講者様から、印象的なひとことをいただきました。

(指名して解答を求めたときに)求めていた解答と違うものでも、明確に間違ってなければ否定をしないところが好印象でした。

「明確に間違っていなければ、否定をしない。」

この思い、わかってくださる受講者様がいるのだな、と感激。

研修の場を、「安心・安全な場」にする

研修中、私が心がけているのは「安心・安全な場をつくること」

受講生が発言しやすい雰囲気を作ることです。

0111190e5d3004162b40b474b44fd663e9153a9b26_00001

私の研修は、参加型。受講者様をバンバン指名して、発言していただきます。

このときに感じるのは、昨今の新入社員の傾向として「あなたは、どう思いますか?」と尋ねたときに、皆が皆、瞬時に正解を探そうとすることです。

間違ってはいけない。
正しい答えを言わなければいけない。

こんな思いでいっぱいになっているのを、表情から読みとることができます。

○×をつけられる教育を受けてきた私たち日本人にとって、ある意味仕方がないことなのかもしれません。

だからこそ研修中は

「どう思うか?をお尋ねします。正解を探そうとしなくてもいいですよ。ここは、安心安全な場。誰もみなさんを責めませんから。」

と、冒頭にお伝えします。

そして、受講者様からいただいた感想にあるように、万が一、求めている解答と違うものでも

「○○さんは、そう思ったのですね。」

と、一度、受けとめます。

「違います。」など、強く否定する言葉を使わないのです。

一度、受けとめた上で「実は、~なんですよ」と、正解をお伝えします。

受講者様が「そう思ったこと」を、一度受けいれ、それについてのジャッジをしない。

「You think so」のスタンス。

このステップを踏んで、伝えるべきことを伝える。

これが、私の心がけている受講生様とのコミュニケーションです。

研修の反復ができる、ビジネスマナーDVD講座

新入社員研修でお伝えしている内容を、DVDで学ぶことができます。

人数・時間・場所を選ばずに受講ができると好評です。

社員の接客力を高める!ビジネスマナーDVD講座

樋口 智香子

樋口 智香子

元、資生堂ビューティコンサルタント。
一人ひとりを輝かせる接客マナーの専門家。これまでの経験から、自分の魅力に気づき発揮することで愛される接客ができる人になる、と独自のメソッド「愛されマナー術」を確立。マナーを通じて、人を思いやれる・愛される人を育てるべく、全国にそのメソッドを伝えている。

メール講座「お客様があなたのファンになる・愛され接客術」
ページTOPへ