愛されマナー術 接客マナー・ビジネスマナー・女性社員研修・新入社員研修|アカデミー・なないろスタイル 樋口智香子(千葉 銀座)

アカデミー・なないろスタイル アカデミー・なないろスタイル

【接客】そんな言い方しなくても・・・お客様の気持ちを沈ませる、キャッシュレス決済のひとこと

こんにちは。樋口智香子です。

キャッシュレス決済の接客エピソードをご紹介します。

物の言い方ひとつで、お客様を不快にさせてしまいますよ、というお話です。

スマホでのキャッシュレス決済、とても便利なので、使えるお店はほとんどそれで済ませています。

6d68729a5f2218e3a923c58ed2d78822_s

ある日のこと。

会計レジで、スマホをスタンバイし、いつものように「PayPayでお願いします」と伝えました。

そのお店は、バーコードを読み取るのではなく、自分のスマホでお店のQRコードを読み取って、金額を入力するという方式のレジでした。

この方法には慣れているので、いつものようにサクサク進めて、PayPay♪という軽快な音と共に決済完了。

その直後、レジスタッフの方に、こう言われました。

「支払い、大丈夫でした?画面を確認したかったんですけど。」

私は、スタッフさんに画面を見せながら決済したつもりだったのですが、サクサク進めてしまったが故に、スタッフさんには見えていなかったのですね。

これは私の注意不足。しっかり画面をお見せするべきでした。

・・・でもね。

「画面を確認したかったんですけど。」

このひとこと、なんだか違和感がありました。

スタッフさんに叱られているような気持ちになり、なんとなく後味の悪いお買い物となりました。

では、このスタッフさん、何と言えばよかったのでしょうか。

「〇〇なんですけど」「〇〇なんですが」というように、語尾を途中で止めてしまうと、威圧的な口調になってしまいます。

お客様に何か依頼をするときは「クッション言葉+語尾を疑問形」にすると、やわらかい印象になります。

先ほどのひとことなら、こう言い変えることができます。

「恐れ入りますが、もう一度、決済時の画面を拝見してもよろしいでしょうか。」

いかがでしょうか?

「画面を確認したかったんですけど。」よりも、ずっと感じがいいですね。

・語尾を途中で止めない
・依頼をするときは、クッション言葉+語尾は疑問形

ぜひ、覚えておいてくださいね。

485

*おもてなし接遇マナー研修

接客スキルを上げたい全ての方へ。「明日からすぐ実践できる」と高い評価をいただいています。
お客様の期待を超えるおなしから、一流の接客マナー、販売会話術、お客様タイプ別対応方法など、接客の極意をお伝えします。

*ビジネスマナーDVD講座

DVD_on

◆無料メール講座◆

無料プレゼントPDF
「接客のお悩み解決!接客なんでもQ&A」付
お受け取りはこちら↓

【お客様があなたのファンになる、愛され接客術】

◆研修・セミナー・講演・執筆のご依頼◆

お問い合わせフォームよりご連絡ください

樋口 智香子

樋口 智香子

人材育成・マナー・コミュニケーション研修講師。
元、資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーを組み合わせた独自のメソッドを提唱。コミュニケーションスキルを通じて、人を思いやれる・愛される人を育てるべく、全国にそのメソッドを伝えている。

メール講座「お客様があなたのファンになる・愛され接客術」
ページTOPへ