愛されマナー術 接客マナー・ビジネスマナー・女性社員研修・新入社員研修|アカデミー・なないろスタイル 樋口智香子(千葉 銀座)

アカデミー・なないろスタイル アカデミー・なないろスタイル

【接客】キッザニアに学ぶ、お子様連れのお客様への対応

こんにちは。樋口智香子です。

先日、ある施設にてお子様連れのお客様への対応セミナーを開催しました。

その内容を、一部シェアします。

子供を、子ども扱いしない

私はかつて、キッザニア東京のスーパーバイザーとして勤務していました。

入社時から、スーパーバイザーたちには、子供と接するうえで徹底して教育された理念があります。

それは「子供を子ども扱いしない。一人前の人として接する。」というものでした。

キッザニアのCEO住谷栄之資氏は、常々こうおっしゃっていました。

「子供だましは、子供に通用しない」

大人が「相手は子供だから」と子供扱いしていることを、子供は、瞬時に見抜きます。

対等に接してもらっていないと感じれば、子供だって、本気ではなくなるのです。

社会の縮図である「職業」や「経済」を、体験を通して学べるのがキッザニア。

子供から本気度を奪ってしまうことは、絶対にあってはならないことでした。

全てのスーパーバイザーは、仕事をする上での”ちょっと先輩”という立場。

子供の名前は「〇〇くん」「〇〇ちゃん」ではなく「〇〇さん」と呼びます。

幼稚な言葉は使わず、全ての子供に敬語で話していました。

お子様にも、接客マナーを徹底する

これを、商業施設に置き換えるとどうなるか。

全ての接客スタッフに、お子様にも接客マナーを徹底することを推奨します。

b8d1086618a0dd80a768bceffdc32ccb_m

接客スタッフは、近所のお兄さん・お姉さんではありません。

子供であっても”お客様”なのです。

・来店したら、きちんと挨拶する

・敬語で話す

・丁寧にお辞儀をする

こうした接客マナーを、お子様にも同じようにするのです。

例えば、お子様に声かけをするとき。

小さな女の子が、プリキュアのバッグを下げていたとしましょう。

×「こんにちは~。あ、プリキュアのバッグ~!かわいいね~、似合うね~。」

〇「いらっしゃいませ、こんにちは。プリキュアのバッグ、かわいいですね。よく、お似合いですね。」

このように、きちんと挨拶し、丁寧な言葉で話しかけるのです。

親御さんにとって、子供はかけがえのない大切な存在。

大切な子供にも、丁寧におもてなしされれば、とても嬉しいのです。

お子様にも、接客マナーを徹底する。

ぜひ、取り入れてみてくださいね。

本日も、お読みいただきありがとうございました。

485

*おもてなし接遇マナー研修

接客スキルを上げたい全ての方へ。「明日からすぐ実践できる」と高い評価をいただいています。
お客様の期待を超えるおなしから、一流の接客マナー、販売会話術、お客様タイプ別対応方法など、接客の極意をお伝えします。

*ビジネスマナーDVD講座

DVD_on

◆無料メール講座◆ 1581名が登録中!

無料プレゼントPDF
「接客のお悩み解決!接客なんでもQ&A」付
お受け取りはこちら↓

【お客様があなたのファンになる、愛され接客術】

◆研修・セミナー・講演・執筆のご依頼◆

お問い合わせフォームよりご連絡ください

 

樋口 智香子

樋口 智香子

人材育成・マナー・コミュニケーション研修講師。
元、資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーを組み合わせた独自のメソッドを提唱。コミュニケーションスキルを通じて、人を思いやれる・愛される人を育てるべく、全国にそのメソッドを伝えている。

メール講座「お客様があなたのファンになる・愛され接客術」
ページTOPへ