愛されマナー術 接客マナー・ビジネスマナー・女性社員研修・新入社員研修|アカデミー・なないろスタイル 樋口智香子(千葉 銀座)

アカデミー・なないろスタイル アカデミー・なないろスタイル

たったひとことで心があたたまる、レストランでの接客

ある日のこと。

1日がかりのマナー講座を終えて、ホッと一息つきたくなり、ふらりと一人でレストランバーに立ち寄りました。
応対してくれたのは、白いシャツに黒いベストが似合うスマートなウェイターさんでした。

美味しいお食事を堪能して、デザートにサングリアを一杯オーダーしました。
間もなくルビー色のサングリアがテーブルに置かれました。

37B78AA4-B4D8-4484-920F-DA390D451F22

サーブしてくれたウェイターさんに、笑顔で「ありがとうございます」と言うと、彼も笑顔で「どういたしまして」と返してくれました。

「どういたしまして」というひとこと。
このひとことで、あたたかい心の交流がうまれました。

実は、簡単なひとことなのに、こう返してくれるウェイターさんにはあまりお会いしたことはないのです。

言ったほうがいいことを、ついつい言いそびれてしまうことは案外多いもの。
でも、言ったほうがいいことをきちんと伝えること、表現することは、人間関係においてとても大切なことです。

「どういたしまして」は「たいしたことはしていません」と相手の御礼を丁寧に打ち消す言葉なので、厳密に言えば接客マナーとしてふさわしくありません。

でも、このときの「どういたしまして」は、彼のスマートな接客にとてもマッチしていて、素敵でした。

お店での接客の場合、お客さまには店内で気持ちよく過ごしていただき、気分良くお帰りいただくことが大切です。お客様の気分を害さない程度なら、接客するスタッフのキャラクターに合わせた言葉もいいな、と思いました。

サングリアをサーブされたあとのわたしは…
美味しくいただいたあと、お店を出ました。

店内でのサービスと店外まで見送ってくれた彼のスマートな応対に満足して、気分良くお店を後にすることができたことは言うまでもありません。

本日もお読みいただきありがとうございました。

485

*おもてなし接遇マナー研修

接客スキルを上げたい全ての方へ。「明日からすぐ実践できる」と高い評価をいただいています。
お客様の期待を超えるおもてなしから、一流の接客マナー、販売会話術、お客様タイプ別対応方法など、接客の極意をお伝えします。

◆無料メール講座◆ 1557名が登録中!

無料プレゼントPDF
「接客のお悩み解決!接客なんでもQ&A」付
お受け取りはこちら↓

【お客様があなたのファンになる、愛され接客術】

◆研修・セミナー・講演・執筆のご依頼◆

お問い合わせフォームよりご連絡ください

樋口 智香子

樋口 智香子

元、資生堂ビューティコンサルタント。
一人ひとりを輝かせる接客マナーの専門家。NLP心理学を生かした独自のメソッド「愛されマナー」を提唱。マナーとコミュニケーションスキルを通じて、人を思いやれる・愛される人を育てるべく、全国にそのメソッドを伝えている。

メール講座「お客様があなたのファンになる・愛され接客術」
ページTOPへ